タトゥーを消す理由について

人がタトゥーを消す理由の多くは、モラルに関わってくるからというものがあります。
なぜ、一度いれたタトゥーを消そうと思うのでしょうか?
自分自身は気に入っていて、モラル的にも問題はないと思っていたのだけど、周りからすると「モラルに反する」と思われる、ということが、人がタトゥーを消さなければならないと思う理由になっています。
例えば、結婚を機に「相手や相手の両親に嫌がられないように」と消す人もいれば、子どもが生まれたのをきっかけに「一緒に温泉やプールに入れるように」と消す人もいます。
これら二つに共通していえるのは、「人の目を気にする」ということです。
「タトゥーをいれている人だ」と周りに思われないようにしているのです。
また、社会的な規則を気にしてタトゥーを消す場合もあります。
日本では、タトゥーがある人は温泉やプールに入れません。
なので、温泉やプール(プールがあるジムは、タトゥーがある人の入会を断る場合があります)に気兼ねなく入れるように、という理由で消す人もいます。
他には、保険に入りたいからという理由でタトゥーを消す人もいます。
タトゥーがある人が加入できない保険が多いからです。
今では医学の技術があがっていて、タトゥーのあとを綺麗に消せるようになりました。
なので、一度はタトゥーをいれた人も、以前よりも気軽に美容外科を訪れることができるようになったのも、タトゥーを消そうと思えるようになった理由の一つになっています。